製品概要

“JS-EtherCAT Professional SDK” for RZ/T1とは…
ルネサスエレクトロニクス社製 R-INエンジン内臓 “RZ/T1”向けに開発した
EtherCAT ソフトウェアソリューションです。ソフトウェア開発に必要な基本コンポーネントが既に用意されている為、EtherCAT開発を
『より早く、簡単』に実現できます。お客様のRZ/T1におけるEtherCATスレーブ開発を強力にサポート致します!!

SDKのBlock Diagramと対応機能

ECAT-SDK-RZT1-SW-Block2

ECAT-SDK-RZT1-Block-hosoku
Cortex-R4F Application
全面的にユーザーにて開発を行うアプリケーションプロセッサ部分です。
各種ハードウェア制御などを実装可能です。

Internal Comunication
Cortex-R4FとCortex-M3プロセッサ間の内部バス通信部分です。
プロセスデータとメッセージ交換の標準的な通信処理が実装されています。

User Application
ユーザーが各種アプリケーション仕様に基づいて実装を行う部分です。SDKではデモ用の
サンプルアプリが実装されています。DC/FoEといった機能がデフォルトで実装されております。

Beckhoff EtherCAT Slave Stack
Beckhoff社が提供するEtherCATスレーブスタックです。ライセンスの都合上直接提供出来ない為、
SDKではBeckhoff社のWEBよりダウンロードしたコードを特定フォルダに格納する
だけで、ビルドして使用出来る状態で提供致しています。

EtherCAT Slave Controller

RZ/T1に内蔵したEtherCAT IPです。

ハードウェア構成
ECAT-SDK-RZT1-HW-Block
このようなお客様にお勧めです
・開発期間が短いお客様
・RZ/T1を使用した開発が不慣れなお客様
・”CiA402″や”SEMIプロファイル”に対応したいお客様

特長

内部インターフェース対応

Cortex-R4FとCortex-M3との内部インターフェースを サポートしています。

内部インターフェースとして以下の機能を搭載しています。
 - PDO入力データの転送(最大2048byte)
 - PDO出力データの転送(最大2048byte)
 - メッセージパケットの送受信(最大1024byte)
 - 更新タイミングの割り込み通知
 - 更新許可信号による排他制御

 - EtherCAT基本ステータス通知

RZ_T1_BUS_Comment
内部BUSインターフェースの仕様書を入手されたいお客様

お気軽に『お問い合わせフォーム』から仕様書希望の旨、ご連絡下さい。

開発環境

開発ツール
プリント
   – ルネサス社製 『RZ/T1 評価ボード(RTK7910022C00000BR)』
※上記各評価ボードは、弊社SDKにて動作確認済みです。

デモのご紹介

デモ構成

以下の様にデモをご用意しております。

■EtherCAT MASTER
– R-IN : acontis社 “EC-MASTER”

■EtherCAT SLAVE
– RZ/T1 : “JS-EtherCAT Professional SDK” + CiA402機能パッケージMASTER側からSLAVE側の
モーターをCiA402でコントロール(正転⇔逆転の繰り返し制御)を行っているデモとなります。

デモ機 構成図

rzt1_3

デモ機 写真

RZ_T1_DEMO_Photo

デモ動画のダウンロード
デモ動画もご用意しております。
こちらをクリックしてダウンロードを行って下さい。
※クリック頂くと、96Mbyte程度の動画がダウンロード開始されます。

評価版

”まずはどんな物か評価したい”というお客様の為に評価版もご用意しております。
お気軽に『お問い合わせフォーム』から評価版希望の旨、ご連絡下さい。

お問い合わせ

ご不明点、ご質問等 御座いましたら、お気軽に『お問い合わせフォーム』、もしくは、お電話にて
お問合せ下さい。また、”JS-EtherCAT Professional SDK” for RZ/T1 を使用したデモ機もご用意しております。
直接ご訪問させて頂き、デモと合わせて、より詳細な仕様などのご説明も可能ですので、
こちらもお気軽にご連絡下さい。